WordPress5.5 ブロックエディタの進化

WordPress5.5が 公開されました。

WordPress5.5は 2020年8月11日に リリースされました。説明の中身をチェックをしてみるとブロックエディタが大きく改善されているようです。
先日せっかくブロックエディタの使い方の記事を書いたのですが、カ書き直しが必要なようです。

Gutenbergブロックエディタの進化

WordPress5.4では「Gutenbergプラグインver7.5」でしたが WordPress5.5では「Gutenbergプラグイン(ver8.5)」が組み込まれました。
ブロックツールバーのデザインやアイコン等 ブロックエディタのUIも変更されました。
また、新しい 機能が追加されました。

ブロックカテゴリの変更

デフォルトのブロックカテゴリが変更されました。
従来は「一般ブロック」「フォーマット」「レイアウト要素」「ウィジェット」「埋め込み」でしたが「テキスト」「メディア」「デザイン」「ウィジェット」「埋め込み」へ変更されました。

今回の最新 WordPress リリースにも、ブロックエディターのエキサイティングな新機能が数多く含まれています。例えば以下のとおりです。
動画: エディター内で、ブロックインサーターが2つのタブ「ブロック」と「パターン」を表示しています。このタブには様々なブロックレイアウトがあります。ボタンやカラムなどのオプションをスクロールした後、「見出しを含む大きなヘッダー」が選択されます。これにより、WordPress 5.5ジャズミュージシャンの写真と名前がカスタマイズされたカバーブロックが追加されます。

新しい機能のブロックパターン

ブロックパターンとは、ブロックのグループ、または事前定義されたコンテンツとスタイルを持つブロックセットです。

ブロックエディタに慣れてくるとブロックを1つだけ使用するのではなく いくつものブロックを組み合わせて使用するようになってきますよね。
そこで 慣れてない人でも簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できる「ブロックパターン」が用意されるようになりました。

ブロックパターンの使い方

「+」ボタンをクリックしたら出てくるブロック選択画面タプの「パターン」をクリックすると「ブロックパターン」が選択できます。
いくつかブロックパターンカテゴリごとにブロックパターンがありますので 使いたいブロックパターンをクリックするとコンテントエリアに挿入(コピー)されます。
あとは、コンテンツ内容に合わせてブロック内の情報を入力するだけになります。
今までの「再利用ブロック」を流用する方法でしたら「通常のブロックへ変換」してからブロックを触らないと使えませんでしたがそれはありません。

新しいブロックパターンを使えば、テキストとメディアを組み合わせて、ストーリーに合った複雑で美しいレイアウトを簡単かつ楽しく作ることができます。

ブロックパターンは様々なプラグインやテーマの中にもあり、常に追加されています。ひとつの場所から好きなものを選んでクリックするだけで、すぐに使えます。

利用できるブロックパターン 少なっ!

現在使えるブロックパターンは、少なくてとても貧弱なのでとてもがっかりしました。
もう少し魅力的なパターンって用意できないのかねえ?
これから改善されていくのだろうか?
海外からの情報では、グラデーションのパターンとかもっと魅力的なものもあったような気もするけれど・・・

インライン画像編集

画像ブロックから直接、写真を切り抜き、回転、ズームできます。画像に多くの時間を費やしていた方は、これでかなり時間を節約できます。
新しいブロックディレクトリ

簡単に必要なブロックを見つけることができるようになりました。新しいブロックディレクトリはブロックエディターに組み込まれているので、エディターから離れることなく新しいブロックタイプをサイトにインストールすることができます。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

ウエブアクセルの現役Webデザイナーです。2010年からビジネスサイト制作教室を主宰してきました。ワードプレスに長く携わった豊かな経験を生かしています。

くま吉をフォローする
ワードプレスブロックエディタWeb制作
くま吉をフォローする
くま吉のワードプレス講座
タイトルとURLをコピーしました