ホームページは、無料で簡単に作る方法もありますが、ある程度ちゃんとしたサイトを構築するには、URLとなる「ドメイン名」とファイルを格納しておく「ホームページスペース」が必要になります。 これらを無料のレンタルスペースで済ませることもできますが、通常は自分で独自ドメインを取得してレンタルサーバーを利用するのが一般的です

ホームページを作る前の準備

独自ドメインの取得

初めて教室の講習に参加する場合、事前にご自分で独自ドメインを取得しておくと効率的です。ムームードメインで取得する流れを説明しましたので、参考にしてください。

屋号/社名/ブログ名

新しく仕事を始める場合 「屋号」は、ビジネスを展開するにあたって店舗、オフィス、名刺やホームページにも使うのでとても大切です。 個人事業主場合は、届出を税務署にするとき、自分で屋号を設定できます。株式会社は、会社設立をするときに必ず「社名」を決めなければなりません。法務局が管轄する同一エリア内にある、同業種の会社名は使えないので注意が必要です。 またブログの作成では、ブログ名を英数字にして、独自ドメインにするのもよいと思います。

ドメインの取得

ホームページを作るにあたって、とくにビジネスサイトはドメインにこだわりたいものです。ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所・氏名」です。同じものは世界に一つだけです。ドメインの取得は先着順になっており、先に取得した人がいた場合は、後から申請しても取得できません。 また、ドメイン名=屋号(ブログ名)とするケースも多いです。いろいろな企業の例を参考にして考えてみましょう。屋号もドメインも一度決めれば変えるわけにもいきません。検索エンジンにもお客さんになじんでいただけなければいけませんのでとても重要です。 通常のサイトでは、〇〇〇.comや〇〇〇.netなどが人気があります。 使いたいドメイン名が決まったら、ムームードメインでそのドメイン名が使えるかどうかを検索してみましょう。
詳しい使い方はムームードメインからどうぞ。

レンタルサーバーの契約

ウェブサイトを立ち上げようというとき、多くの人が「レンタルサーバー」の力を借りることになります。 世の中にはたくさんのレンタルサーバー業者があって、比例して多種多様のレンタルサーバがあります。 ウェブサイトを立ち上げる際には、多種多様の中から「自分の作るウェブサイトに合ったもの」を選ばなくては なりません。 レンタルサーバーを選ぶに当たって、「レンタルサーバーを使うならこれ!」というような絶対的な基準がある わけではありません。 “どのようなウェブサイトを作ろうとしているのか”を基準に、適宜選ばなければいけません。

ネット利用の際にホストとなるコンピューター

サーバーとは、実際に使う側のコンピューター(クライアントコンピューター)に、ネットワークを通して機能やデータを提供するコンピューター(ホストコンピューター)のことをいいます。 サーバーの中でも特に、インターネット上で情報発信するためのサーバーのことをwwwサーバー、ウェブサーバーなどと呼びます。 ウェブサーバーは、HTMLファイルなどを発信しブラウザに表示させたり、メールアカウントの管理を行うだけでなく、CGIなどのサーバー上で動くプログラム、データベース、SSLなどを搭載していることがあります。

サーバー開設を専門業者に頼むサービス

自宅や社内で専用のサーバーを持ち運用することはコストの面も含めて非常に難いです。多くの場合、サーバーをレンタルサーバー業者からレンタルする形になります。レンタルとはいえ、サーバー機器自体は業者の持つスペースの中に置かれており、そこへ利用者がインターネット回線を利用してデータをアップロードすることとなります。 レンタルサーバーを利用するにあたって知っておきたい5つの項目を挙げました。用語解説とも合わせてお読み下さい。 1.サーバー設置環境 サーバーのトラブルが起こらないよう、サーバーの設置場所には、万全なセキュリティ体制、管理体制があり、機器の状態を保つための空調設備がなければいけません。そういった環境がきちんと整備されたサーバー専用のスペースとして、iDC(インターネット・データ・センター)があります。利用しようと思っているレンタルサーバーが、iDCなど専用のスペースで管理するものか、自宅や自社内で管理しているものかは、ひとつの判断材料となります。 2.FTPについて ファイルをサーバ上に転送するためには、FTPソフトというものを使うのが一般的です。FTPとはFile Transfer Protocolの略で、ネットワークに接続された異なるコンピューター間で、ファイルをやり取りするための規約のことです。そのファイルのやり取りを実行するのがFTPソフトであり、レンタルサーバー業者と契約すると、サーバーへ接続するためのアカウントやパスワードを取得できます。その情報をFTPソフトに入力してサーバーと接続すると、ファイルを送信することが可能となります。 3.ブログ対応のサーバー 企業、個人問わず、ブログの利用は今や当たり前のものとなりました。レンタルサーバーのサービスに「ブログ対応」というものがあります。ブログを無料サービスで利用すると、プロバイダ名やサービス会社名がURLに入りますが、「ブログ対応」のレンタルサーバーを利用すると、独自のURLを用いて、ブログを運営することができるというものです。 4.メールアドレスについて レンタルサーバーを申し込むと、ほとんどの場合、メールアドレスの利用ができるようになります。○○@○○.○○.ne.jpのような、プロバイダの名前の入ったアドレスではなく、「○○@独自ドメイン名」というアドレスが付与されます。プロバイダ名の入ったものは「どこかに属している」というイメージがありますが、独自ドメインでのメールアドレスは「唯一無二」という良いイメージを得ることができます。また、メールアドレスは契約するレンタルサーバーによって、取得できるアドレスが1つだけのところもあれば、無数に取得できるところもあります。 5.プロバイダ提供のサーバースペース 自分が加入しているプロバイダが保有しているサーバーを利用して、ウェブサイト公開やメールアカウント作成ができる場合があります。ただし、その多くは初心者用であり、容量に制限があったり、独自ドメインの取得ができないことがあります。本格的にウェブサイトの構築・運営がしたい場合は、専門のレンタルサーバー会社に申し込む方が無難です。格安サーバーを利用すれば、プロバイダのサーバーを利用するよりも安くなることがあります。

そもそもレンタルサーバーって何?

ウェブサイトを立ち上げようとすると、必要なステップを踏んでいるうちにサーバーというものに行き当たります。 行き当たって、何となく使い方だけマニュアルで覚えてしまえば、何となく使いこなせてしまいます。 高校生の頃、僕はそんな感じで何となく使っていました。 ただし、それではレンタルサーバーの良し悪しを理解することができません。 転送量、バックボーンというような項目の数値が何を意味しているのかが曖昧なままです。 レンタルサーバー業者は少しでも自社のレンタルサーバーを良く見せようとするわけで、 その結果、「数値が高いから何となく良い気がする」と思って使っていたらとんでもない誤解だった、なんてことが起こりえます。 「レンタルサーバーというものが何なのかをいまいち分かっていない」 という人はまず簡単な仕組みを知って、 レンタルサーバーを怖いものではなくしてしまいましょう。

趣味か商用か

趣味か商用か、これは、ホームページ自体の重要度を意味しているものです。 どちらにせよサーバがダウンしてページが見れない状況に陥ることは避けたいことではありますが、商用となると、サーバダウンは機会損失となりダメージも大きくなります。では故障率が少ないサービスを見分けることができるかというと、それは難しいことです。 従って、やはり信頼がおける企業が運営しているサービスを選択することをお勧めします。サービスの紹介を見る上で、信頼を置く基準としては、情報公開でしょう。どのバックボーンに接続しているか、サーバのスペック、収容人数、監視体制などがあげられます。これらの情報を比較してできる限り信頼がおける企業が運営するサービスを選びましょう。 また、特にマニュアル、FAQが充実しているところが安心です。 どのサービスでもCGIに関するサポートは受けられませんので、利用者が得られる技術的情報は、マニュアル、FAQなどの情報だけなのです。利用当初はあまり見ないかもしれませんが、CGIを設置しても上手くいかないときなど、いざというときに必要になってきます。 よく、バックボーンXXMBで接続! などを売り文句にしているのを見かけますが、実はあまり参考になりません。 もちろん回線容量が大きいにこしたことはありません。しかし、収容人数が多ければ、それに応じた回線容量が必要になるわけですから、利用者数がわからなければ意味がないのです。(通常、利用者数は公開されません。) また、どのバックボーンを使っているかも問題になります。 安く提供している場合、海外のサーバを使っていることがよくあります。 しかし、あなたのホームページを見に来る方が日本在住の方がほとんどであれば、海外のサーバを使っているということのメリットはほとんどありません。料金が安いという点だけです。 国内のサーバのほうがルート的に近いため、問題が少ないのです。海外サーバの場合の注意点は後ほど解説します。

プロバイダーが提供するサーバと、レンタルサーバの比較

ホームページサーバを選択するにあたり、プロバイダーが提供するものと、レンタルサーバ業者が提供するものとがあります。これらの違いは、ざっくり言うと以下の通りです。

  プロバイダーのサーバー レンタルサーバ
独自ドメイン 使えない 使える
独自CGI 使えるプロバイダーは少数 ほとんどが利用可能
PHP、データベース ほとんどが利用不可 ほとんどが利用可能
CMS等の自動インストール機能 ほとんどが利用不可 ほとんどが利用可能
メール ホームページサービス自体 にはついてこない 自由にメールアドレスを 追加できることが多い。 独自ドメイン利用時には便利。
料金 無料のプロバイダーが多い。 有料。

どんなツールで作るのか問題

ららら

どんなサイトを作るのか問題

あああ  

ブログ制作 ワードプレス5とテーマ「Cocoon」を使い制作します。Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。

新らしくサイト制作する方へ、アンケート事例

下記の項目に記入、またはチェック(何個でもOK)をお願いします。※印は必須項目です。

お名前
 
ご住所
 
メールアドレス
 
使用しているパソコンは?
 
使ったことがあるソフトは?
 
ワードプレスについて
 
制作(学習)したいホームページの内容
 
作成目標のサイト
参考にしたいサイトのURL
HTMLについて
 
当教室を知ったきっかけは?
 
独自ドメインについて
HPの住所のようなもの 例:kaisha.com
ドメイン会社名
自分で契約している場合
レンタルサーバーについて
HPの置き場所のようなものです。
サーバー会社名
自分で契約している場合
ワードプレスのインストール
 
ワードプレスのテーマ名
既にインストールした場合
教室で使用するパソコンは?