ワードプレスでGoogleアナリティクス

前回は、Googleサーチコンソールの話をしましたが、今日は、Googleアナリティクスの設定について説明します。両者の違いは簡単に言うと以下のようです。

■Googleサーチコンソール:検索結果での行動(サイトへ入る前の検索結果での行動)

■Googleアナリティクス:ウェブサイトでの行動(サイトへ入った後の行動を計測)

 

Googleアナリティクスは無料で高性能なアクセス解析ツールとして多くの企業で導入されています。
特にビジネスシーンでの利用となると、

  • 現在運用するサイトの他に新しいサイトを分析に追加したい
  • 複数のサイトを分析したい

という状況になることが多くあるかと思います。
そこで今回は、Googleアナリティクスで分析するサイトを追加する方法をご紹介します。

Google Analyticsを使ってみよう!

まず事前準備としてGoogle Analyticsのタグの発行が必要です。

Google Analyticsのサイトにアクセスし、「お申し込みはこちら」を押してください。
必要項目を記入しアカウントを発行します。

入力画面では、主に下記の項目を入力します。

  • 【アカウント名】:任意の名前を入力
  • 【ウェブサイトのURL】:Google Analyticsを設定するサイトのアドレス
  • 【タイムゾーン】:日本を選択
  • 【職業】:登録するウェブサイトの内容と関連する業種を選択

入力が完了すると、「アナリティクス設定」のタブからトラッキングIDとトラッキングコードが取得できます。

「アカウント」とは、Googleアナリティクスを利用する権利を指します。
Googleの様々なサービスを利用するためには、Googleアカウントを作成しますよね。
Googleアナリティクスを使うためにはさらに「Googleアナリティクスアカウント」を作る必要があります。

「プロパティ」とは、アカウントの1つ下の階層にあり、分析するサイト1つにつき1個作成します。

「ビュー」とは、プロパティの1つ下の階層にあり、サイトを分析する範囲を限定するときに作成します。
例えば、「会員ユーザー限定で分析したい」「自分のアクセスを除外して分析したい」など、分析する視点ごとに作成します。

 

既存のGoogleアナリティクスアカウントを使用し、プロパティだけ1つ追加作成する

ステップ1:左メニュー下の「管理」(歯車マーク)画面の「プロパティ」をクリック

ステップ2:「新しいプロパティを作成」を選択

ステップ3:ウェブサイトの名前、URL、業種、レポートのタイムゾーンを設定「トラッキングIDを取得」をクリック

ステップ4:トラッキングIDまたはトラッキングコードをサイトに貼り付け

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-48*****-3″></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag(‘js’, new Date());
gtag(‘config’, ‘UA-48*****-3’);
</script>

するとトラッキングIDが表示されます。その中の「ウェブサイトのトラッキング」という場所にある「グローバルサイトタグ(gtag.js)」のコードをコピーします。

これを新規サイトの<head>~</head>内の最初に貼り付けましょう。

しばらくすると、分析サイトのアカウント一覧に表示されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です