スタンドバレージーンズ

優斗は高円寺の古着ショップで、SVJスタンドバレージーンズという古いブランドのジーンズを買った。聞いたことがなかったが店主は、レアものでオークションに出しても高額で値が付くとの話だった。

高校三人組

上原優斗、中屋敷歩夢、金山翔太は、今年の春卒業を控えている高校3年生だった。

優斗はスティーヴン・キングの中編小説「スタンド・バイ・ミー」(原題は「The Body」)のような少年時代を経験したくてたまらなかった。当時ゴードンは12才だったけれど、歩夢からは自分たちはもう18才だしそんな子供じみた発想はおかしいといつも言われている。でも誰だって男の子だったら木の上の小屋や線路の上を歩く冒険にあこがれるのは当然だと思う。

タイトル:「時空のジーンズ」

冒険小説を考えて!高校3年生のケントは、古着屋で買った不思議なジーンズをはくと、過去と現在を行き来できることを発見した。

概要: 高校3年生のケントは、親しい友人たちと楽しい日々を過ごしていました。ある日、彼は古着屋で見つけた不思議なジーンズを試着すると、驚くべきことが起こりました。それが彼の冒険の始まりでした。この物語では、ケントが過去と現在を行き来しながら成長し、友情や家族の絆を深める姿を描きます。

章立て:

  1. 不思議なジーンズの出会い ケントは偶然立ち寄った古着屋で、古びたジーンズを見つけます。何気なく試着してみると、その瞬間に彼は過去へとタイムスリップしてしまいました。最初は戸惑いながらも、彼はこのジーンズを使って過去と現在を行き来する方法を見つけ出します。
  2. 友情の絆と冒険の仲間たち ケントは古着屋の店主や他のタイムトラベラーと出会い、彼らと共に過去や未来への冒険に挑戦します。新たな仲間たちとの出会いを通じて、ケントは友情の大切さや協力の重要性を学びます。
  3. 家族との再会 ケントはジーンズを使って過去の自分や家族と再会する機会を得ます。過去の出来事を振り返りながら、ケントは家族への感謝や大切さを再認識します。また、未来の自分に向けての思いや決意も強くなっていきます。
  4. 過去からの教訓と成長 ケントが過去で経験した出来事や遭遇した困難を通じて、彼は自己成長していきます。過去の教訓が現在の彼を強くし、未来への希望を抱かせるのです。
  5. 最後の冒険と別れ 物語のクライマックスで、ケントは最後の冒険に挑戦します。そこで彼は、ジーンズがもたらす力を使って友人たちや家族を助ける大きな決断を下すことになります。そして、彼は別れを告げる場面で未来の自分に向けて新たな決意を胸に抱きます。

結末: 物語の最後には、ケントはジーンズを手放す決断をしますが、その経験を通じて得た成長と友情は彼の心に深く刻まれます。彼は新たな一歩を踏み出し、過去と現在が結びついた冒険の思い出を胸に未来へと進んでいきます。

タイトル:「タイムリップ・ジーンズ」

過去にタイムスリップできるジーンズの話。 現在の便利な品物を過去に持っていき役立てる。

概要: 主人公のマックスは、古びたジーンズを見つけて試着したところ、突然過去へとタイムスリップできる能力を手に入れます。彼は現代の便利な品物を持ち込んで過去で役立てる冒険に出発します。そこで彼は過去の人々を助けつつ、自分自身も成長していく姿を描きます。

章立て:

  1. 不思議なジーンズの発見 マックスは古着屋で古びたジーンズを見つけ、試着すると突然過去へとタイムスリップしてしまいました。彼は初めての経験に驚きながらも、新たな能力を使いこなす方法を見つけ出します。
  2. 現代の便利な品物を持ち込む マックスはジーンズを使って過去のさまざまな時代に行き、現代の便利な品物を持ち込むことに決めます。携帯電話やLEDライト、医療品など、過去の人々の生活を豊かにする品物を選んで持っていきます。
  3. 過去の人々への助け マックスは過去の人々に便利な品物を贈ることで、彼らの生活を改善し、困難を乗り越える手助けをします。医療品を持ち込んで病気や怪我の治療に役立てることや、農具を提供して収穫を増やすことなど、彼の行動は多くの人々に喜びをもたらします。
  4. 自分自身の成長と学び マックスは過去での冒険を通じて、自分自身も成長していきます。彼は過去の人々との交流を通して、思いやりや責任の重要性を学びます。また、過去と現在の違いや歴史の重要性にも気づいていきます。
  5. 時間の制約と別れ 物語の終盤で、マックスはジーンズがもたらす能力の制約に直面します。彼は過去での冒険を終え、ジーンズを手放す決断をしますが、その経験と得た教訓は彼の心に残ります。

結末: 物語の最後には、マックスは現代へと戻りますが、過去での冒険の思い出を胸に新たな一歩を踏み出します。彼は現代での生活を大切にしながら、過去での体験から得た教訓を活かして成長していくのです。ジーンズの力がなくても、彼は人々を助けるために自分の力で奮闘することを決意します。

スポンサーリンク

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

2010年から「ビジネスサイト制作教室」を主宰してきた現役ウエブデザイナーです。多くの生徒さんと一緒に、ワードプレスによるサイト作りに携わった経験を生かしてこの講座を始めました。

くま吉をフォローする
ストーリー
くま吉をフォローする
ワードプレス・パソコンの使い方

コメント