4.4クラシックエディタの使い方

Classic Editorの使い方をご紹介!新エディタが使いづらいなら旧エディタに戻すのもあり!
2022年1月1日
Classic Editorの使い方をご紹介!新エディタが使いづらいなら旧エディタに戻すのもあり!

本記事では、WordPressバージョン5以上にアップデートしても、以前のエディター(記事編集画面)を利用できるWordPressプラグイン「Classic Editor」を紹介します。

これを読めばインストール方法、設定方法はもちろん、「Classic Editor」の様々な疑問や不安を解消できるので、ぜひ最後までお読みください。

Classic Editorでできること

WordPressプラグイン「Classic Editor」をインストールすると、こんなことができるようになります。

Classic Editor
WordPressをバージョン5以上にアップデートしても旧エディターが使える
記事ごとに旧エディターと新エディターを選択できる
WordPressバージョン5のアップデートで一番話題になったのが、Gutenberg(グーテンベルグ)というブロックエディター(ブロックを積み上げるような記事編集方式)でした。

ブロックエディターは編集機能に優れ、ブロックの異動で記事の構成が簡単にできます。しかし、従来のワープロソフトのような入力方式とは大きく異なるので、使いづらいという声が多いのも事実。

WordPressをアップデートしてブロックエディターが使いにくいと感じた方は、WordPressを元のバージョンに戻すのではなく、プラグイン「Classic Editor」で旧エディターに戻せます。

Classic Editorのインストール方法と設定

では、WordPressに「Classic Editor」をインストールしていきます。プラグイン > 新規追加 > 「Classic Editor」と検索「Classic Editor」を見つけたら、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが終わると「有効化」と表示されるので、クリックします。

Classic Editorの設定
Classic Editorは設定不要で旧エディターに変更してくれます。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

2010年から「ビジネスサイト制作教室」を主宰してきた現役ウエブデザイナーです。多くの生徒さんと一緒に、ワードプレスによるサイト作りに携わった経験を生かしてこの講座を始めました。

くま吉をフォローする
4章 記事の投稿
くま吉をフォローする
深堀りワードプレス講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました