9.3 サイトのメンテ中にWP Maintenance Mode

プラグインのWP Maintenance Modeを紹介します。
サイトにメンテ中の表示ページを追加して、訪問者がメンテナンスでサイトが停止している事がわかります。
coming soon ページなどにもに最適です。

WP Maintenance Modeをインストール

インストール方法は通常の方法で、WordPress管理画面>プラグイン>新規追加 からプラグインを探すための検索窓にて、「WP Maintenance Mode」と検索します。
検索結果のトップに「WP Maintenance Mode」が表示されるので、インストールをしたのち、有効化します。

プラグインを立ち上げ

プラグインをインストールして有効化すると「設定」に「WP Maintenance Mode」が表示されます。


一般設定から「ステータス」選択します。デフォルトでは「無効化」になっていますが、メンテ中にする場合は「 有効化」を選択します。

デザイン表示

次に、メンテナンス画面に表示させる文言を設定します。
WordPress管理画面>設定>WP Maintenance Mode>「デザイン」タブ
こちらに、タイトル、見出し、テキスト、背景色などを設定します。

背景写真の選択

背景は、ご自身の写真をアップロードして設定できますし、このように既存の背景画像を使うこともできます。
一通り設定しましたら、「設定を保存」ボタンをクリックして保存します。
デザインを写真などを使ってお洒落にしたければ、「デザイン」から下記の画面でいろいろ設定できます。

表示される画像例

まとめ

いかがでしたでしょうか?プラグイン「WP Maintenance Mode」についてまとめます。

  • プラグインのインストールは、WordPress管理画面>プラグイン>新規追加内の検索窓よりアクセス
  • 各種設定は WordPress管理画面>設定>WP Maintenance Mode より行う
  • 「一般」タブの状態を「有効化」にチェックすると、その時点でメンテナンス画面が設定される
  • 「一般」タブの下部「ダッシュボードリンク」を「いいえ」にすると、ダッシュボードのリンクが消える
  • 「デザイン」タブで、メンテナンス画面の文言が編集できる
  • 「デザイン」タブで、メンテナンス画面が選択できる

以上、お試しください。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

2010年から「ビジネスサイト制作教室」を主宰してきた現役ウエブデザイナーです。多くの生徒さんと一緒に、ワードプレスによるサイト作りに携わった経験を生かしてこの講座を始めました。

くま吉をフォローする
9章 セキュリティ対策
くま吉をフォローする
深堀りワードプレス講座
タイトルとURLをコピーしました