1.4ドメインとSSLの設定

ロリポップの「ユーザー専用ページ」にログインして基本事項を設定します。
独自ドメイン、SSL設定、メール設定などを行います。

独自ドメインの登録

ロリポップの「独自ドメイン設定」から、ドメインを登録します。
スタンダードプランの場合、ドメインは 200個 まで設定可能です。
使用するドメインは、ムームドメインでロリポップのネームサーバーに自動的に関連づけられているので、難しく考えなくてよいです。

独自ドメインの設定

画面下の「独自ドメイン設定」をクリックします。
ここで使用するドメインとフォルダを入力します。
ファイルを置くフォルダー名は自分で考えて設定します。ドメイン名が覚えやすく簡単でいいですが、後から変更も可能です。


入力が終わったら「独自ドメインをチェックする」をクリックします。
ここでうまくいかない場合は、もう一度ムームードメインとの関連ずけをチェックしてみてください。
チェックがOKであればドメイン設定が出来ました。
メニューの「独自ドメイン設定」を見ると、一覧に設定したドメインが載っているはずです。
設定したドメインでサイトを閲覧できるようになるまで、設定後 1時間ほどかかる場合があります。

使用ドメインのSSL化

SSLとは

SSLとは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組み(プロトコル)のことです。SSL化されたウェブサイトは、URLの頭が「HTTPS」となり、通信の暗号化が保証されます。
SSL暗号化と電子証明書を組み合わせた「SSLサーバ証明書」は、通信の暗号化とウェブサイトの運営者・組織が実在することが保証されます。

ロリポップでSSL化

ロリポップには、現在「エコノミー」「ライト」「スタンダード」「ハイスピード」「エンタープライズ」の4つのプランが存在しますが、すべてのプランで「無料の常時SSL化」が可能です。

メニューのセキュリティ項目からSSL化の設定をします。
SSLで保護されていないドメインを選択して表示させます。
□にチェックを入れてから「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。
SSL化の反映に、約数時間かかります。

検索順位への影響

せっかくSSLを導入してしも、一部のページのみ導入であれば、検索エンジンにおいては安全でないウェブサイトと認識されます。これによりユーザの利用が遠のき、結果として検索順位へ影響します。
検索エンジンの最大手であるGoogleは、2014年8月に、ウェブサイトがHTTPS(常時SSL)かどうかを検索順位の決定要因にすることを発表し、すべてのウェブサイトに対してHTTPからHTTPSへの切り替えを推奨しております。

メール設定

新規作成をクリックするとメールアドレスを入力します。
@の前は、自分の好きな文字が使えます。
info@のメールアドレスは自動で作成されます。

パスワードは、半角英字の大文字、小文字、半角数字、記号(『 – 』または『 _ 』)をすべて組み合わせ、12文字以上32文字以下でご入力します。メールアドレスに含まれる文字列は使用できません。(例)info@example.comの場合、info example com はパスワードに使用できません。
メールアドレスが使えるようになるには、新規作成後1時間 ほどかかります。

メールソフトの設定

メールソフトの設定に必要な情報は、以下の項目です。
ほとんどのソフトは以下の設定で接続できます。

■IMAP メールサーバー(受信サーバー) 「IMAP メールサーバー」を入力
例)imap.lolipop.jp
または、POP メールサーバー(受信サーバー) 「POP メールサーバー」を入力
例)pop.lolipop.jp
■SMTPサーバー名(送信サーバー) 「SMTP メールサーバー」を入力
例)smtp.lolipop.jp
■ユーザー名(アカウント名) 「メールアカウント」を入力
例)info@hogemoge.com
■パスワード 「メールパスワード」を入力
例)1234abcd-ABC

まとめ

レンタルサーバーロリポップにログインして各種設定を行いました。
独自ドメイン、SSL設定、メール設定などを行いました。

この記事の動画解説(Youtube)

この記事の内容を「Youtube動画」で分かり易く解説しています。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

2010年から「ビジネスサイト制作教室」を主宰してきた現役ウエブデザイナーです。多くの生徒さんと一緒に、ワードプレスによるサイト作りに携わった経験を生かしてこの講座を始めました。

くま吉をフォローする
1章 ホームページ作成準備
くま吉をフォローする
深堀りワードプレス講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました